ブログトップ

今日もいい気分

ahhahha.exblog.jp

今と同じ

2017.7.27

古文書を読んでいるせいもあって、江戸時代に
関する本を読むことが多い。
社会の仕組みが分からないと、文字を読めても
何を言っているか分からないことが多いから。

あらためて驚いたのは、昔は早婚だった、という
思い込み。
「15でネイヤは嫁にゆき~」という歌は「赤とんぼ」
の2番だったか。
女性は15歳前後で嫁いでいるものと思っていた。

江戸時代の各地の宗門改帳を丹念に調べて比べた
研究結果を読むと、早婚だったのは東北地方だけ。
宗門改帳(しゅうもんあらためちょう)は、文字通り、
キリスト教徒でないことを証明するために、作ったもので、
各自の宗教を毎年記録しているので、住民票代わりに
人の出入り、生き死にが分かる。

中部から近畿は特に豊かだったせいか、結婚は男子
27歳、女子21歳ぐらいと現代と変わらない。
(ま、特に最近は遅くなっているが)
子どもの数も多い。
分析では、東北地方がやはり、寒さや文化の遅れなどで
土地の生産性が低かったせいか、その分、労働も
きつかったわけで、女子に多くの負担がかかっていた
ようだ。
その分、子どもの出生数が少なく、逆に労働力を欲しい
ために、早婚で早く子どもを欲しがったとしている。
そのため、女子は15歳ぐらいで結婚しているという
記録が残っているそうだ。

早婚というのは、貧困に関係しているというわけか。


[PR]
# by kurippy | 2017-07-27 22:02 | 昔、昔の話 | Comments(0)

涼しい朝

2017.7.26

未明は雨の予報。
まだ前線が下がってきて、雨っぽいという。

朝、暗い。
夜明けが遅いというか。
目が覚めて、外を見る。
下が濡れて、ちょっと小雨か。
何より、久しぶりの涼しい朝で助かる。

外へ出ると、激しく降ってきたり、やんだり。
ラジオ体操時は結構な雨。
誰も来ていなかった。
いったん、濡れてしまうと、汗と同じで、
気にならなくなる。
せっかく涼しいんだから、楽しく走らなきゃ。

傘を差して、いつもの人が歩いているが、
やはり、半数以下になる。
前の晩、どう決意しているかで、ほぼ決まるね。
決意ってほどでもないけど、漠然とでもね。

梅雨明けの7月下旬といえば、天候が最高の時。
どこかへ出かけたいときだ。
最近はといえば、夏山にいま一つ、行きたい気が
湧きおこらないというか。

スカッと晴れた山頂で、抜群の景色を眺めるは最高
だが、1日で下りて、温泉でビールを飲みたい。
そんな感じになっている(笑)
そうなるとケーブルカーでもいいから、ということ
になる。

[PR]
# by kurippy | 2017-07-26 11:11 | 雑記 | Comments(0)

忘れられない

2017.7.24

昔のTVのCMで忘れられないのが結構ある。
まずレナウンのCMがよかった。

今、時々、口をついて出てくるのは明治ガムのCM。
覚えているかな。

夢をかむ
未来をかむ
若さをかむ
明治ガム
ラッキー、カムカム
明治ガム、明治ガム

っていうやつだけど。
テンポがなかなかいいんだ。
ネットで分かるかな、と調べびっくり。

ザ・ピーナツが歌ってた。
しかも野坂昭如の作詞。
いずみたくの作曲なんだ~。
へえ~。

2行目「未来をかむ」じゃなくて、
「においをかむ」だった。
未来の方がいいと思うなあ。

レナウンの歌もピーナツなんだ。
小林亜星作詞作曲だった。






[PR]
# by kurippy | 2017-07-24 21:42 | 昔、昔の話 | Comments(0)

降れば豪雨

2017.7.23

今年の梅雨は雨が少なかった。
荒川水系は、今日から取水制限20%という有様。

一方、福岡県は大水害。
昨日からは雨は東北に移り、秋田県で豪雨。
1日で1カ月分を超す雨が降っている。
大仙市とかの被害地で中継をしているが、これが
また、どこだか、さっぱり分からない。
平成の合併で、知らない市名が続出した。

もとの町名でも生かされていれば、古い地図から、
まだ分かるが、アイデアでひねり出した名前だと、
どこら辺か、見当もつかないからいやになる。

まあ、地名の話はともかく、このごろは1時間
100mmを超える豪雨が降るから恐ろしい。
まさに滝のような雨だろう。
観測機器が整ったから、分かるようになっただけ、
という考えもあるかもしれないが、明らかに、
昔とは違った異様な降り方だと思う。

どこに行くあてもないから、まずは暑気払い。




[PR]
# by kurippy | 2017-07-23 14:20 | 雑記 | Comments(0)

まだ少ない

2017.7.20

朝、外へ出ると、路上で、ムクドリがセミをつついていた。
セミは鳴き声を上げ、羽をバタつかせながら、逃げ
回っていたが、逃げ切れないだろうなあ。
厳しい自然界だ。
大きさからすると、セミにとっては恐竜みたいなものだ。

きのう梅雨が明けたが、今年はまだ、セミが少ない感じ。
途切れないセミしぐれが、真夏だと思うのだが。

[PR]
# by kurippy | 2017-07-20 22:00 | 雑記 | Comments(0)